パラパラ動画にチャレンジしてみた

初級者のための動画

パラパラ動画にチャレンジしてみた

一時期、テレビで動画投稿サイトに投稿されたパラパラ動画が話題になるということがありましたが、今年の夏、子供と一緒にそのパラパラ動画を作ってみました。

 

子供は今年で中学生なのですが、パソコンやスマホなどに慣れるためにと考えて作成にチャレンジしてみたのです。

 

パラパラ動画とは、辞書や教科書なんかに誰もが一度は書いたことがあるパラパラ漫画のように、連続する動きを一枚一枚写真に撮り、その写真をどんどん切り替えていくことで動画のように見せるというものです。

 

そのため、厳密に言うと動画ではありません。動画は連続する時間の中で決めた内容を写していくことになるため、一つ間違えるとすべて撮り直しになります。

 

しかし、パラパラ動画であればそのような心配は必要ありません。そのため、そんなに難しくはなく、すぐに作れるだろうと考えていました。

 

しかし、実際にはかなりの日数がかかりました。

 

予想していたよりもかなりのコマ数が必要になったからです。「一歩進む」という映像を写真一枚にしてしまうと、どうしても動画には見えなくなります。

 

一歩進むだけなのに何枚も撮り直しました。結局、夏休みの半分くらいを使い完成させました。

 

かなり疲れはしましたが、最終的には私よりも子供が熱中していたので、子供には良い勉強、良い経験になったと思います。

ホーム サイトマップ